チャットレディは喜怒哀楽の表現を身につけよう

座った状態で主に首から上の部分のみが映されているチャットレディですけど、どうしても動きが単調になるという問題があります。これは仕方がないでしょう。体の大半が隠れている訳でして、これで動きを見せなさいと言われても土台無理な話なのです。しかし、ここで諦めては集客には繋がりません。とにかく何かができるのではないかと思考する事が大事なのです。最初の時点で駄目だと思って行動を停止してしまえば、そこからの進歩はあり得ないんですよね。できない事に注目するのではなくて、何ができるかを考えて行きましょう。

例えば首を傾げたり頷いたりするというのは可能ですよね。普段の会話と比較して制限される部分が多い訳ですから、この様な事も積極的にやるべきなのです。ちょっと大げさな感じになりますけど、それ位の方が良いんですよね。画面越しでそれを見ると丁度良い具合になるというか良い意味で中和されるものなのです。

つまりチャットレディで大切なのはオーバーリアクションをするという事です。これを活用しているのは、やはりテレビタレントの皆さんでしょう。彼らは非常に大げさな動きをする事があります。例えば、笑うにしても手を叩いて、いかにも大爆笑していますよというのを回りにアピールします。でも、その事に対して違和感みたいな物を視聴者は感じていないと思います。何故ならば画面越しだからなのですが、そこを意識しておくと上手くいくでしょう。

もう一つ意識したいのは喜怒哀楽の表現です。これも先程と同じく分かり易さが求められます。突然やってくださいと言われても難しいでしょうから、前もってリハーサル的な事をしておいて下さい。もちろんパソコンの電源は切っておかなくてはいけませんよ。その上でこんな風にやればいいかなぁと試行錯誤するのです。直ぐに理想的な表現ができる様にはならないかもしれませんが、続ければチャットレディとしての魅力も向上するはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ