定年退職後に始めた在宅ワーク!!

長年の会社勤めを終えて定年退職を迎え、これからは好きな事を自由にできると、最初は自由な時間を謳歌していました。

しかし、趣味の写真やたまに出かける旅行などでは、毎日が日曜日の日々を持て余すようになりました。かと言って今更アルバイトでも人に遣われるのは嫌だと思い、ネットを活用した在宅ワークで小遣い稼ぎでもしてみようと考えました。

ネットで在宅ワークとしてどんな稼ぎ方があるかを調べたり、実際にその在宅ワークの体験談をチェックし、最初に趣味の延長線上で始められるストックフォトサイトに登録して写真販売にチャレンジしました。

しかしアップ枚数は月50枚で中々アップ済み写真の枚数が増えない上に、プロやセミプロが大量に写真をアップしている中、簡単に売れるものではありませんでした。
それでも、アップした写真はサイトの審査員によって吟味され、キーワード毎にお勧め順に並べてアップされる為、とにかく上位にアップされる事を目標にし、趣味の写真撮影の励みとして止めずに続けました。

アップ枚数が500枚を超えた時に、1枚目の写真が売れ、3年以上経過した現在では毎月数枚はコンスタントに販売出来るようになりました。それでも、収入面では年間で2万円程度で、これでは在宅ワークと言える稼ぎではなく、趣味のご褒美と言った感じです。

ストックフォトサイトでは中々稼げない上に、持て余す時間を埋める事もできないので、在宅ワークの体験談を参考に、並行してクラウドソーシングに登録し、趣味を活かせる写真関連の仕事と、タスク作業で文章作成をコツコツと行い稼ぐ事を始めました。

文章作成が得意な私にとっては、タスク作業の文章作成は比較的自分に合っており、苦痛なく毎日コツコツ作業に取り組み始める事ができました。単価が安いものの、自由な時間帯で、自分の都合に合わせて好きなだけ作業ができる事も生活パターンに合っており、以来ずっと継続して行っています。

タスク作業の文章作成で、月に2万円程度を稼ぐ事ができ、これなら小遣い稼ぎの在宅ワークとしてちょうど良い程度で満足しています。

また、たまに自分に合った写真関連の仕事をプロジェクトとしてゲットできた時は、これにボーナス的に1~3万円オンできます。

これで十分ではありますが、在宅ワークの体験談では、アフィリエートは訪問者の多いサイトを構築できれば、それが財産となり不労所得をもたらせてくれると言う文言に出会いました。
アフィリエートで実際に稼げているのは、ほんのごく一部だとは知っていますが、この財産となり不労所得を生み出すと言う言葉にはやはり惹かれます。色々と研究した上で、アフィリエートに次は挑戦してみようかと考えています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ